展示解説・イベント

展示解説

 戸栗美術館では各展覧会期間中、毎月第2週・第4週の水曜日と土曜日に、当館学芸員による展示解説を行なっています。ご予約は不要です。入館券をお求めの上、ご自由にご参加ください。

・毎月第2週・第4週水曜日 午後2時~
・毎月第2週・第4週土曜日 午前11時~

●団体様への解説も承っております。
お電話(03-3465-0070)にてお問い合わせください。


ゴールデンウィーク・夏休み限定開催

やきもの展示解説 入門編

「見どころがわからない」「専門用語が難しそう」と、敷居が高いと感じる方も多い陶磁器の世界。陶片に触れながら陶器と磁器の違いや伊万里焼の歴史などを学んだ後、開催中の展覧会をご案内いたします。初心者の方もお楽しみいただける入門編の解説です。入館券をお求めの上、お気軽にご参加ください。(ご予約は不要です。)

◇期間中ご来館頂いた方には、当館特製リーフレットをプレゼント致します。

【開催時期】
ゴールデンウィーク期間中
夏休み期間中
(いずれも開館日に実施)



フリートークデー

毎月第4月曜日を、展示室でお話ししながらご鑑賞いただけるフリートークデーとして開館いたします。
通常開館日と同じく、どなたでもご来館いただけます。
当日は14時より学芸員によるミニ展示解説も開催いたします。
学芸員とお話ししながら、やきものの世界をお楽しみ下さい。
(所要時間約30分・予約不要。ご入館券をお求めの上ご参加ください)




とぐりの学芸員講座

やきもの鑑賞をより楽しむためのポイントを当館学芸員がご紹介する講座です。

開催時間:各回午後1時30分 開館/午後2時 開演
※当日は会場準備のため、開館時間が午後1時30分となります。開館前にご来館いただきましても、中にお入り頂くことはできません。予めご了承ください。

講演時間:各回90分程度
参加費:1000円(入館券を別途お求めください)。
定員:先着40名様 要事前予約
◎講座終了後は貸し切りの館内で展覧会をご自由にご観覧頂けます(午後5時まで)。

応募方法:ご予約はお電話にて承っております(03-3465-0070)。
お名前・お電話番号・ご希望の講座名をお申し付け下さい。

【『たのしうつくし 古伊万里のかたちⅠ』会期中の学芸員講座】
2019年12月9日(月)14:00~ 黒沢愛(学芸員)
「古伊万里のかたち―器種と装飾にみる―」
お電話にてお申し込みください。(受付開始日時:10月4日(金)10時~ 03-3465-0070)



とぐりの学芸員講座を開催いたしました。(2019/9/2)


2019年9月2日(月)、「とぐりの学芸員講座」を実施いたしました。

○講演「見どころ再発見!古伊万里の山水文の見方」(14:00~15:40)
  当館アシスタントマネージャー・学芸員の小西麻美が古伊万里に描かれた山水文の読み解き方をレクチャーいたしました。はじめに、“山水文”にまつわる用語を整理しつつ、文様としての“山水”の説明や、“山水画”の歴史と時代背景、見方などについてお話しいたしました。山水画鑑賞の話題では、中国画人の心得である“画の六法”や山水画の画法“三遠法”などの、古く中国で実践された絵画鑑賞の基準や技法をご紹介して、着目すべき部分をポイントでお伝えしました。そして、話題は本講演の主題である“古伊万里の山水文”へ。中国磁器が古伊万里の文様へ与えた影響や、茶の湯における唐物賞玩、室町時代以降の日本における山水画の普及についてもご紹介しました。
 その後休憩を挟み、いよいよ“古伊万里の山水文”鑑賞の実践です。絵画と磁器とで絵付けされる媒体は異なるものの、注目する構図のポイントはほとんど一緒です。前半で学んだ、“画の六法”や“三遠法”の視点を活用しながら、山水文を見ていきます。一見するとおおらかで素朴な描きぶりの古伊万里の山水文の中に、鑑賞者の視線の導線や近景、遠景の描き分けなど、巧みな表現が駆使されていることが明らかになると、皆さま驚きつつも興味深く聞き入っておられました。
 その後の質疑応答では、見込の山水文と口縁部の文様の関係や、初期の伊万里焼に山水文が多いことの理由などについてのご質問をいただきました。お客様からは「山水文についてよく知ることができ、大変興味深かったです」「これまで知らなかった山水文の見方を新たに教えていただき、今後はより深く作品を楽しむことが出来ると思います」などのお声をお寄せいただきました。
本講演をきっかけに、古伊万里の新たな魅力を見つけていただき、皆さまの陶磁器鑑賞がより充実したものになりましたら幸いです。



○自由観覧 (15:40~17:00)
 貸し切りの館内で現在開催中の『青のある暮らし―江戸を染める伊万里焼―』をご自由にご覧いただきました。

次回のとぐりの学芸員講座は2019年12月9日(月)を予定しております。詳細は決まり次第、ホームページやチラシでお知らせいたします。


バックナンバー



夏休み!キッズプログラム

【キッズ学芸員~みてしらべてかんがえる!江戸を染める青い文様~】


7月27日(土)/28日(日) 各日14:00~(要予約/各回約90分)
学芸員の仕事を体験しつつ、伊万里焼の青い文様から江戸の暮らしを読み解く対話型ワークショップ。
※小学校中学年程度対象(要保護者同伴)。各回定員5名。参加費:子ども1人500円(期間中、小中学生は入館料無料。保護者の方は要入館料)。
●応募方法●
本プログラムはメールによる抽選です。
参加希望日・参加されるお子様と同伴の保護者氏名・メールアドレス・電話番号を明記の上、当館の専用アドレス(event★toguri-museum.or.jp ★を@に変えてお送りください)宛にお申し込みください。また、その際の件名は「キッズプログラム申込」としてください。
※応募期間:6月18日(火)~7月10日(水)
※抽選結果:7月13日(土)にメールにてお知らせいたします。
※お申し込み後、1週間以内に当館から「返信メール」が無い場合、お電話(03-3465-0070)にてお問い合わせください。

【キッズ学芸員 ~うつわを守る ふろしきの包み方~】

小学生を対象に、学芸員の大切な仕事のひとつ、木箱と風呂敷を使ったやきものの仕舞い方を体験していただきます。


◎日時
2018年7月28日(土)14時~15時/29日(日)11時~12時

◎ご参加の皆様に、戸栗美術館特製風呂敷をプレゼント。
(参加費 1人500円、各回定員3名。当日受付にてお申し込みください。保護者の方がご同伴ください)

2018年7月20日(金)~2018年8月31日(金)の間、小中学生は入館料無料