展示解説・イベント

展示解説

 戸栗美術館では各展覧会期間中、毎月第2週・第4週の水曜日と土曜日に、当館学芸員による展示解説を行なっています。ご予約は不要です。入館券をお求めの上、ご自由にご参加ください。

・毎月第2週・第4週水曜日 午後2時~
・毎月第2週・第4週土曜日 午前11時~

●団体様への解説も承っております。
お電話(03-3465-0070)にてお問い合わせください。


やきもの展示解説 入門編

「見どころがわからない」「専門用語が難しそう」と、敷居が高いと感じる方も多い陶磁器の世界。陶片に触れながら陶器と磁器の違いや伊万里焼の歴史などを学んだ後、開催中の展覧会をご案内いたします。初心者の方もお楽しみいただける入門編の解説です。入館券をお求めの上、お気軽にご参加ください。(ご予約は不要です。)

◇期間中ご来館頂いた方には、当館特製リーフレットをプレゼント致します。

【開催時期】
ゴールデンウィーク期間中
夏休み期間中
(いずれも開館日に実施)



フリートークデー

毎月第4月曜日を、展示室でお話ししながらご鑑賞いただけるフリートークデーとして開館いたします。
通常開館日と同じく、どなたでもご来館いただけます。
当日は14時より学芸員によるミニ展示解説も開催いたします。
学芸員とお話ししながら、やきものの世界をお楽しみ下さい。
(所要時間約30分・予約不要。ご入館券をお求めの上ご参加ください)




とぐりの学芸員講座

やきもの鑑賞をより楽しむためのポイントを当館学芸員がご紹介する講座です。

開催時間:各回午後1時30分 開館/午後2時 開演
※当日は会場準備のため、開館時間が午後1時30分となります。開館前にご来館いただきましても、中にお入り頂くことはできません。予めご了承ください。
講演時間:各回90分程度
参加費:1000円(入館券を別途お求めください)。
定員:先着35名様 要事前予約
◎講座終了後は貸し切りの館内で展覧会をご自由にご観覧頂けます(午後5時まで)。

応募方法:ご予約はお電話にて承っております(03-3465-0070)。
お名前・お電話番号・ご希望の講座名をお申し付け下さい。


≪『初期伊万里―大陸への憧憬―展』期間中の講座≫
2019年3月4日(月)14時~ 小西麻美(学芸員)「第3展示室-中国・朝鮮半島の青花― 展示解説」
2019年3月11日(月)14時~ 黒沢愛(GM/学芸員)「古伊万里入門」
各回90分程度。参加費1,000円(入館料を別途お求め下さい)。先着35名様。

とぐりの学芸員講座を開催いたしました。(2018/12/3)


2018年12月3日(月)、「とぐりの学芸員講座」を実施いたしました。

○講演「伊万里焼と江戸の食文化」 (14:00~15:35)
当館ジェネラルマネージャー・学芸員の黒沢愛が「伊万里焼と江戸の食文化」と題してお話しいたしました。現在では、美術館で美術品として展示されている伊万里焼ですが、その多くは江戸時代に食器として作られたものです。
 江戸時代は、食文化が発展し、広く料理を楽しむ時代。料理書や料理本が刊行され、料理屋が隆盛しました。その背景には、政治・社会が安定したことによる新田開発による水田の増加や、五街道や航路といった交通の整備などがあります。そして、その歴史と示し合うように食器である伊万里焼も発達、普及を遂げています。前半は、伊万里焼の誕生した17世紀を中心に当館所蔵品の伊万里焼と、同時代の食文化の一端をご紹介いたしました。
 その後、休憩をはさみ後半は、江戸の食文化が大きく発展し、また伊万里焼が町人層にも普及していく18世紀以降を取り上げました。料理書・料理本の挿絵や浮世絵から、実際にどのように磁器のうつわが使用されていたのかを探りました。例えば、19世紀初頭に刊行された『料理早指南』には膳組みの様子が絵で示されており、その中に磁器と推定される手塩皿や茶碗、大猪口などが描かれています。また、19世紀に刊行が盛んになった浮世絵には食事の場面や旬の食材と共に染付のうつわが描かれていることが多く、磁器のうつわが人々の生活の一部であったことを今に伝えています。
 その後の質疑応答では、磁器が食器として普及していった理由や磁器が普及する一方で陶器とうつわはどうであったのか、向付にはどういった器種が含まれるのかなどのご質問をいただきました。
 お客様からは「江戸時代の人々はとても豊かな食生活を送っていたのだなと感じました。そして食文化に伊万里焼が大きく関わっていた事を改めて学ぶことができました」「なます皿、手塩皿、猪口などの使用例は今日にも生かせるもので、大いに参考にしたいと思います」などのお声をお寄せいただきました。切っても切れない関係の料理とうつわ。食文化の発展と伊万里焼の普及はまさに「車の両輪」である様子をご覧いただけたことと思います。




○自由観覧 (15:35~17:00)
貸し切りの館内で現在開催中の『鍋島と古九谷―意匠の系譜―展』をご自由にご覧いただきました。
 

 次回のとぐりの学芸員講座は2019年3月4日(月)、当館学芸員の小西麻美が「第3展示室-中国・朝鮮半島の青花― 展示解説」と題してお話しさせていただきます。皆様のご応募をお待ち申し上げております。


バックナンバー



夏休み!キッズプログラム

【キッズ学芸員 ~うつわを守る ふろしきの包み方~】

小学生を対象に、学芸員の大切な仕事のひとつ、木箱と風呂敷を使ったやきものの仕舞い方を体験していただきます。


◎日時
2018年7月28日(土)14時~15時/29日(日)11時~12時

◎ご参加の皆様に、戸栗美術館特製風呂敷をプレゼント。
(参加費 1人500円、各回定員3名。当日受付にてお申し込みください。保護者の方がご同伴ください)

2018年7月20日(金)~2018年8月31日(金)の間、小中学生は入館料無料