展示解説・イベント

展示解説

 戸栗美術館では各展覧会期間中、毎月第2週・第4週の水曜日と土曜日に、当館学芸員による展示解説を行なっています。ご予約は不要です。入館券をお求めの上、ご自由にご参加ください。

・毎月第2週・第4週水曜日 午後2時~
・毎月第2週・第4週土曜日 午前11時~

●団体様への解説も承っております。
お電話(03-3465-0070)にてお問い合わせください。


やきもの展示解説 入門編

「見どころがわからない」「専門用語が難しそう」と、敷居が高いと感じる方も多い陶磁器の世界。陶片に触れながら陶器と磁器の違いや伊万里焼の歴史などを学んだ後、開催中の展覧会をご案内いたします。初心者の方もお楽しみいただける入門編の解説です。入館券をお求めの上、お気軽にご参加ください。(ご予約は不要です。)

◇期間中ご来館頂いた方には、当館特製リーフレットをプレゼント致します。

【開催時期】
ゴールデンウィーク期間中
夏休み期間中
(いずれも開館日に実施)



フリートークデー

毎月第4月曜日を、展示室でお話ししながらご鑑賞いただけるフリートークデーとして開館いたします。
通常開館日と同じく、どなたでもご来館いただけます。
当日は14時より学芸員によるミニパネルレクチャーも開催いたします。
1階ラウンジにて学芸員とお話ししながら、やきものの世界をお楽しみ下さい。
(所要時間約30分・予約不要。ご入館券をお求めの上ご参加ください)




とぐりの学芸員講座

よりやきもの鑑賞を楽しむためのポイントを当館学芸員がご紹介する講座です。

開催時間:各回午後1時30分 開館/午後2時 開演
※当日は会場準備のため、開館時間が午後1時30分となります。開館前にご来館いただきましても、中にお入り頂くことはできません。予めご了承ください。
講演時間:各回90分程度
参加費:1000円(入館券を別途お求めください)。
定員:先着35名様 要事前予約
◎講座終了後は貸し切りの館内で展覧会をご自由にご観覧頂けます(午後5時まで)。

応募方法:ご予約はお電話にて承っております(03-3465-0070)。お名前・お電話番号・ご希望の講座名をお申し付け下さい。

≪『金襴手―人々を虜にした伊万里焼―展』期間中の講座≫
 やきもの鑑賞をより楽しむためのポイントを当館学芸員がご紹介する講座です。
 【定員に達しました】2018年5月21日(月)14時~ 森由美(学芸顧問) 「白化粧土で装うやきもの」
 2018年6月11日(月)14時~ 黒沢愛(GM/学芸員) 「魅惑のやきもの、古九谷」
 各回90分程度、参加費1,000円(入館料を別途お求め下さい。)先着35名様。

とぐりの学芸員講座を開催いたしました。(2018/5/21)


2018年5月21日(月)、「とぐりの学芸員講座」を実施いたしました。

○講演「白化粧土で装うやきもの」 (14:00~15:45)
 当館学芸顧問である森由美がやきものの技法の一つである、白土による化粧掛けの技法についてお話しいたしました。化粧掛けとは、やきものの土肌を赤や白といった違う種類の土で覆う技法です。古くから行われている技法で、きれいな赤や白の色をみせたり、表面をなめらかにする他、装飾を目的として行われます。

 前半は、世界の白化粧を用いたやきものをご紹介いたしました。白化粧は様々なやきもので利用されており、中国の磁州窯の白地黒掻き落としや朝鮮陶磁器の粉青沙器、日本では唐津や古武雄、伊万里、イギリスではスリップウェアなどが挙げられます。やきものの断面を図示しながら、それぞれどういった効果を狙い、どのような手順で作られたのかご説明いたしました。白化粧というと、有色の粘土を白くみせる効果を狙っているという印象がありますが、粘土が白い伊万里焼では文様の装飾として使用される場合もあります。その作例として、当館所蔵品の中から白磁に白化粧で菊花文をあらわした「白磁 菊花文 猪口」を展示し、近くで見なければ分からない白化粧による繊細な装飾をご覧いただきました。

 後半は、どんな土が化粧土として利用できるかという材料の話題に。ただ単に白い土というだけでは化粧土としては利用できず、土の成分による収縮率や粘性など条件を揃える必要があります。化学式による物質の構造にまで話が及び、保存科学を専攻した森ならではのお話となりました。

 講演はここで一端終わり、その後は森が持参した白化粧作品や化粧土をお手に取っていただきながらのレクチャーとなりました。実物の実見を通して、よりご理解を深めていただけたことと思います。白化粧という、ポイントを絞ったテーマでしたが、熱心な質問が飛び交っていました。

 お客様からは「土の性質がよく分かりこれからの磁器の見方が楽しくなりそうです」「原材料の詳しいご説明があったり、実物を手に取れたりして、大変参考になりました」などのお声をお寄せいただきました。一口に白化粧と言っても、時代や地域、素材、目的によって、その表現は様々であることを感じていただけた講座となったかと思います。



○自由観覧 (15:45~17:00) 貸し切りの館内で現在開催中の『金襴手-人々を虜にした伊万里焼-展』をご自由にご覧いただきました。

 次回のとぐりの学芸員講座は2018年6月11日(月)、当館学芸員/GMの黒沢愛が「魅惑のやきもの、古九谷」と題してお話しさせていただきます。5月22日現在、お席にまだ若干余裕がございます。皆様のご応募をお待ち申し上げております。


バックナンバー



夏休み!キッズプログラム

【とぐり式 お宝の包み方を学ぼう】

小学生を対象に、木箱と風呂敷を使って美術品の包み方をレクチャーします。
ご参加の皆様に戸栗美術館特製風呂敷をプレゼント。
(参加費一人500円、予約不要ですが保護者の方がご同伴ください)
イベントの詳細は当館ブログにてご覧いただけます。▶とぐりのぶろぐ

2017年8月11日(金・祝)~13日(日) 毎日午後2時~午後3時
なお、8月1日(火)~31日(木)の間、小中学生は入館料無料でございます。