展示解説・イベント

展示解説

 戸栗美術館では各展覧会期間中、毎月第2週・第4週の水曜日と土曜日に、当館学芸員による展示解説を行なっています。ご予約は不要です。入館券をお求めの上、ご自由にご参加ください。

・毎月第2週・第4週水曜日 午後2時~
・毎月第2週・第4週土曜日 午前11時~

●団体様への解説も承っております。
お電話(03-3465-0070)にてお問い合わせください。


やきもの展示解説 入門編

「見どころがわからない」「専門用語が難しそう」と、敷居が高いと感じる方も多い陶磁器の世界。陶片に触れながら陶器と磁器の違いや伊万里焼の歴史などを学んだ後、開催中の展覧会をご案内いたします。初心者の方もお楽しみいただける入門編の解説です。入館券をお求めの上、お気軽にご参加ください。(ご予約は不要です。)

◇期間中ご来館頂いた方には、当館特製リーフレットをプレゼント致します。

【開催時期】
ゴールデンウィーク期間中
夏休み期間中
(いずれも開館日に実施)



フリートークデー

毎月第4月曜日を、展示室でお話ししながらご鑑賞いただけるフリートークデーとして開館いたします。
通常開館日と同じく、どなたでもご来館いただけます。
当日は14時より学芸員によるミニパネルレクチャーも開催いたします。
学芸員とお話ししながら、やきものの世界をお楽しみ下さい。
(所要時間約30分・予約不要。ご入館券をお求めの上ご参加ください)




とぐりの学芸員講座

やきもの鑑賞をより楽しむためのポイントを当館学芸員がご紹介する講座です。

開催時間:各回午後1時30分 開館/午後2時 開演
※当日は会場準備のため、開館時間が午後1時30分となります。開館前にご来館いただきましても、中にお入り頂くことはできません。予めご了承ください。
講演時間:各回90分程度
参加費:1000円(入館券を別途お求めください)。
定員:先着35名様 要事前予約
◎講座終了後は貸し切りの館内で展覧会をご自由にご観覧頂けます(午後5時まで)。

応募方法:ご予約はお電話にて承っております(03-3465-0070)。
お名前・お電話番号・ご希望の講座名をお申し付け下さい。

≪『古伊万里植物図鑑展』期間中の講座≫
やきもの鑑賞をより楽しむためのポイントを当館学芸員がご紹介する講座です。
【定員に達しました】2018年9月3日(月)14時~ 小西麻美(学芸員) 「古伊万里の文様-やきものにこめられた吉祥意-」
各回90分程度、参加費1,000円(入館料を別途お求め下さい。)先着35名様。

≪『鍋島と古九谷―意匠の系譜―展』期間中の講座≫
2018年10月29日(月)14時~ 黒沢愛(GM/学芸員)「鍋島焼入門」
2018年12月 3日(月)14時~ 黒沢愛(GM/学芸員)「伊万里焼と江戸の食文化」
各回90分程度。参加費1,000円(入館料を別途お求め下さい)。先着35名様。

とぐりの学芸員講座を開催いたしました。(2018/9/3)


2018年9月3日(月)、「とぐりの学芸員講座」を実施いたしました。

○講演「古伊万里の文様~やきものにこめられた吉祥意~」 (14:00~15:35)
 当館学芸員の小西麻美が伊万里焼にみられる吉祥文様についてお話しいたしました。
 伊万里焼には、柘榴や桃など、様々な吉祥文様があらわされてきましたが、こうしたモチーフの意味の多くは中国からもたらされました。ただし、中国での意味をそのまま採用しているものもあれば、中には中国での意味に日本での吉祥の意味が付け加えられているものもあります。現代ではそれらの意味がないまぜになっているため、今回はそれぞれの吉祥の意味の諸元を探ることに重点を置き、お話しさせていただきました。
 まずは、三多(多福多寿多男子)の象徴である柘榴、桃、仏手柑の三果が描かれた伊万里焼を例に挙げ、それぞれの吉祥の意味とルーツを確認していきました。すると、それぞれのモチーフへ吉祥を見いだした理由が異なっていることに気が付きます。柘榴は種が多いという見た目の特徴から子孫繁栄を、桃は西王母伝説から長寿を、仏手柑は“仏”と“福”の発音が似ていることから福を、というように吉祥の意味へと発展しています。
 そのように吉祥の意味の成り立ちを踏まえながら、伊万里焼にあらわされた様々な吉祥文様をご紹介いたしました。龍や鳳凰のように伝説上の生き物から、葡萄や魚など身近な事物にまで、様々なモチーフに意味が込められており、その中から20種近い文様を作品からご覧いただきました。
 最後には、現在小西が調査中の藤に関する考察と、身近な吉祥文様の見つけ方についてお話しいたしました。その後の質疑応答では、祥瑞と吉祥の違いや、唐子の意味などのご質問をいただきました。
 お客様からは「なんでこの絵柄が描かれているのだろう? と思って美術館でやきものを見ることが多かったのですが、少し意味を教えてもらうだけで、ずいぶん今後の見方が変わりそうです」「技法だけでなく、文様も中国の影響が大きいのだとわかりました」「吉祥文様が形だけでなく、中国の発音も関係していることを知ることができて、面白かったです」などのお声をお寄せいただきました。モチーフの意味に触れていただくことで、今後の陶磁器鑑賞をよりお楽しみいただける90分になったことと思います。




○自由観覧 (15:35~17:00)
貸し切りの館内で現在開催中の『古伊万里植物図鑑展』をご自由にご覧いただきました。
 

 次回のとぐりの学芸員講座は2018年10月29日(月)、当館ジェネラルマネージャー・学芸員の黒沢愛が企画展にあわせ、「鍋島焼入門」と題してお話しさせていただきます。まだお席に余裕がございます。皆様のご応募をお待ち申し上げております。


バックナンバー



夏休み!キッズプログラム

【キッズ学芸員 ~うつわを守る ふろしきの包み方~】

小学生を対象に、学芸員の大切な仕事のひとつ、木箱と風呂敷を使ったやきものの仕舞い方を体験していただきます。


◎日時
2018年7月28日(土)14時~15時/29日(日)11時~12時

◎ご参加の皆様に、戸栗美術館特製風呂敷をプレゼント。
(参加費 1人500円、各回定員3名。当日受付にてお申し込みください。保護者の方がご同伴ください)

2018年7月20日(金)~2018年8月31日(金)の間、小中学生は入館料無料