展示解説・イベント

展示解説

 戸栗美術館では各展覧会期間中、毎月第2週・第4週の水曜日と土曜日に、当館学芸員による展示解説を行なっています。ご予約は不要です。入館券をお求めの上、ご自由にご参加ください。

・毎月第2週・第4週水曜日 午後2時~
・毎月第2週・第4週土曜日 午前11時~

●団体様への解説も承っております。
お電話(03-3465-0070)にてお問い合わせください。


やきもの展示解説 入門編

「見どころがわからない」「専門用語が難しそう」と、敷居が高いと感じる方も多い陶磁器の世界。陶片に触れながら陶器と磁器の違いや伊万里焼の歴史などを学んだ後、開催中の展覧会をご案内いたします。初心者の方もお楽しみいただける入門編の解説です。入館券をお求めの上、お気軽にご参加ください。(ご予約は不要です。)

◇期間中ご来館頂いた方には、当館特製リーフレットをプレゼント致します。

【開催時期】
ゴールデンウィーク期間中
夏休み期間中
(いずれも開館日に実施)



フリートークデー

毎月第4月曜日を、館内でのお話しをご自由にお楽しみいただけるフリートークデーとして開館いたします。
通常開館日と同じく、どなたでもご来館いただけます。
当日は14時より学芸員によるミニパネルレクチャーも開催いたします。
1階ラウンジにて学芸員とお話ししながら、やきものの世界をお楽しみ下さい。
(所要時間約30分・予約不要。ご入館券をお求めの上ご参加ください)




とぐりの学芸員講座

よりやきもの鑑賞を楽しむためのポイントを当館学芸員がご紹介する講座です。

開催時間:各回午後1時30分 開館/午後2時 開演
※当日は会場準備のため、開館時間が午後1時30分となります。開館前にご来館いただきましても、中にお入り頂くことはできません。予めご了承ください。
講演時間:各回90分程度
参加費:500円(入館券を別途お求めください)。
定員:先着35名様 要事前予約
◎講座終了後は貸し切りの館内で展覧会をご自由にご観覧頂けます(午後5時まで)。

応募方法:ご予約はお電話にて承っております(03-3465-0070)。お名前・お電話番号・ご希望の講座名をお申し付け下さい。

≪『18世紀の古伊万里-逸品再発見Ⅱ-展』期間中の講座≫
【定員に達しました】第3回:10月30日(月)黒沢愛(GM/学芸員)「鍋島焼と江戸の遺跡」
第4回:11月20日(月)木野香代子(アドバイザー・学芸員)「染付のはじまり~中国元時代の青花磁器について~」
第5回:12月11日(月)小西麻美(学芸員)「古伊万里の文様~中国版画との関係~」

皆様のご応募を心よりお待ち申し上げております。

とぐりの学芸員講座を開催いたしました。(2017/10/30)


2017年10月30日(月)、「とぐりの学芸員講座」を実施いたしました。

○講演「鍋島焼と江戸の遺跡」(14:00~15:30)
当館ジェネラルマネージャー・学芸員の黒沢愛が、江戸の遺跡から出土した鍋島焼をご紹介しながら、鍋島焼の献上・贈答についてお話しさせていただきました。

まずは鍋島焼そのものについて。現在第3展示室に出展中の「色絵 紅葉流水文 皿」を取り上げ、盛期鍋島の特徴である木盃形や、高台の櫛目文と三方にあらわされた裏文様、大きさの規格性、4色の色遣いを確認しました。また江戸時代後期の文献史料から見える鍋島焼の献上あるいは贈答は、徳川将軍家や幕閣、大名家など、身分の高い人々に向けて行われたことをご紹介いたしました。
その後、話題は江戸の遺跡へ。まずは発掘事例が少ないものの、文献史料と関連のある後期鍋島の事例と、国産磁器の献上のはじまりの様子が垣間見える、江戸城跡。そして上級旗本で、日光奉行や大坂町奉行など重要な役職を務め、佐賀鍋島藩からの直接の贈答が推測される彦坂家。有力な大名である龍野藩脇坂家や、佐賀鍋島藩との姻戚関係の深い宇和島藩伊達家の出土品からは、江戸時代の間に鍋島焼が“伝世”した様子をうかがえました。また、文献史料の研究によれば直接的な献上・贈答が考えにくい町人地から、後期鍋島が出土したことも取り上げ、文献史料や伝世品からだけでは中々知ることの難しい鍋島焼の献上・贈答の一面に触れていただきました。
出土品や文献資料を読み解いていく機会はそう多くないため、内容が難しい点もあったかと思いますが、皆様、大変興味深く聞き入っておられました。講演終了後は展示室で作品「色絵 紅葉流水文 皿」をご覧になられている方が多かったです。現代のみならず、江戸時代よりより珍重されてきた鍋島焼の姿とそのルーツを辿ることのできた90分だったと思います。



○自由観覧 (15:40~17:00)
貸し切りの館内で現在開催中の『18世紀の古伊万里―逸品再発見Ⅱ―展』を自由にご覧いただきました。

次回のとぐりの学芸員講座は11月20日(月)、アドバイザー・学芸員の木野香代子が「染付のはじまり―中国元時代の青花磁器について―」と題してお話しをさせていただきます。詳細は今展チラシおよび当館HPをご覧くださいませ。まだ若干名の余裕がございます。皆様のご応募をお待ち申し上げております。


バックナンバー



夏休み!キッズプログラム

【とぐり式 お宝の包み方を学ぼう】

小学生を対象に、木箱と風呂敷を使って美術品の包み方をレクチャーします。
ご参加の皆様に戸栗美術館特製風呂敷をプレゼント。
(参加費一人500円、予約不要ですが保護者の方がご同伴ください)
イベントの詳細は当館ブログにてご覧いただけます。▶とぐりのぶろぐ

2017年8月11日(金・祝)~13日(日) 毎日午後2時~午後3時
なお、8月1日(火)~31日(木)の間、小中学生は入館料無料でございます。