展示解説・イベント

展示解説

 戸栗美術館では各展覧会期間中、毎月第2週・第4週の水曜日と土曜日に、当館学芸員による展示解説を行なっています。ご予約は不要です。入館券をお求めの上、ご自由にご参加ください。

・毎月第2週・第4週水曜日 午後2時~
・毎月第2週・第4週土曜日 午前11時~

●団体様への解説も承っております。
お電話(03-3465-0070)にてお問い合わせください。


やきもの展示解説 入門編

「見どころがわからない」「専門用語が難しそう」と、敷居が高いと感じる方も多い陶磁器の世界。陶片に触れながら陶器と磁器の違いや伊万里焼の歴史などを学んだ後、開催中の展覧会をご案内いたします。初心者の方もお楽しみいただける入門編の解説です。入館券をお求めの上、お気軽にご参加ください。(ご予約は不要です。)

◇期間中ご来館頂いた方には、当館特製リーフレットをプレゼント致します。

【開催時期】
ゴールデンウィーク期間中
夏休み期間中
(いずれも開館日に実施)



フリートークデー

毎月第4月曜日を、館内でのお話しをご自由にお楽しみいただけるフリートークデーとして開館いたします。
通常開館日と同じく、どなたでもご来館いただけます。
当日は14時より学芸員によるミニパネルレクチャーも開催いたします。
1階ラウンジにて学芸員とお話ししながら、やきものの世界をお楽しみ下さい。
(所要時間約30分・予約不要。ご入館券をお求めの上ご参加ください)




とぐりの学芸員講座

よりやきもの鑑賞を楽しむためのポイントを当館学芸員がご紹介する講座です。

開催時間:各回午後1時30分 開館/午後2時 開演
※当日は会場準備のため、開館時間が午後1時30分となります。開館前にご来館いただきましても、中にお入り頂くことはできません。予めご了承ください。
講演時間:各回90分程度
参加費:500円(入館券を別途お求めください)。
定員:先着35名様 要事前予約
◎講座終了後は貸し切りの館内で展覧会をご自由にご観覧頂けます(午後5時まで)。

応募方法:ご予約はお電話にて承っております(03-3465-0070)。お名前・お電話番号・ご希望の講座名をお申し付け下さい。

≪『18世紀の古伊万里-逸品再発見Ⅱ-展』期間中の講座≫
【定員に達しました】第3回:10月30日(月)黒沢愛(GM/学芸員)「鍋島焼と江戸の遺跡」
第4回:11月20日(月)木野香代子(アドバイザー・学芸員)「染付のはじまり~中国元時代の青花磁器について~」
第5回:12月11日(月)小西麻美(学芸員)「古伊万里の文様~中国版画との関係~」

皆様のご応募を心よりお待ち申し上げております。

とぐりの学芸員講座を開催いたしました。(2017/7/3)


2017年7月3日(月)、「とぐりの学芸員講座」を実施いたしました。

○講演「館蔵品にみる朝鮮陶磁入門」(14:00~15:30)
当館学芸員の小西麻美が、戸栗美術館館蔵品の朝鮮陶磁を通して、朝鮮陶芸史の概説をお話しさせていただきました。当館では開館当初より朝鮮陶磁を所蔵しておりますが、近年は機に恵まれず、今回単体ケースでの出展にて数年ぶりのお披露目となりました。

朝鮮陶磁入門ということでしたが、館蔵品の性格に従って高麗時代からの解説となりました。まずは朝鮮半島が高麗王朝によって初めて統一されたことや、その後に朝鮮時代が続くことなど基本的な朝鮮半島の時代区分をレクチャーし、作品解説に移りました。
高麗時代は、特に青磁が発達した時代。緑の美しいものや黄色味あるもの、象嵌のものや鉄絵のものなど様々な製品が伝世しています。仏教文化を背景に多様に発達した青磁の魅力を、歴史的背景を交えながら解説いたしました。続く朝鮮時代には、白磁、青花、粉青沙器が発達します。特に高麗青磁から粉青沙器への移行、その後の白磁の広がりという流れは、日本磁器の発展の流れと比較すると独特なもので、皆様興味深く聞き入っている様子でした。
講演全体を通して国教の思想など、国としてあり方が文様や造形に反映されている様子を、作品画像を通じてご覧いただきました。また、朝鮮初期に作られた白磁と伊万里焼との関連性にも触れ、日本の磁器が朝鮮陶工たちによって発生するに至った歴史を改めてご確認いただけたことと思います。

質疑応答では胴継ぎをしているか否かなど朝鮮での製作技術に関するご質問がございました。やはり、朝鮮人陶工たちの技術によって始められた伊万里焼との関係を考えると興味深い点と思います。
また最後には単体ケースで作品をご鑑賞いただきました。出展の「青花 秋草文 瓶」は創設者 戸栗亨が特にお気に入りだった作品のひとつ。作品を前にすると新たなご質問を頂き、解説を交えながら、皆様楽しくご鑑賞されていらっしゃいました。朝鮮陶磁の深さに触れて頂けた90分と思います。



参加者の皆様からは「ただ見るだけでなく、一言でも解説を聞くと、ぐっと興味がわきました」「朝鮮のやきものについての解説を詳しく分かりやすく聞くことが出来て良かったです」というご意見をいただきました。普段の肥前磁器を中心とした展覧会では朝鮮陶磁の出展の機会を作ることが難しいため、美術館にとっても新鮮な会となりました。

○自由観覧 (15:40~17:00)
貸し切りの館内で現在開催中の『17世紀の古伊万里―逸品再発見Ⅰ―展』を自由にご覧いただきました。

次回のとぐりの学芸員講座は、次回展覧会「18世紀の古伊万里―逸品再発見Ⅱ―展」期間中に開催いたします。詳細は次回展チラシおよび当館HPにてご案内申し上げます。皆様のご応募をお待ち申し上げております。


バックナンバー



夏休み!キッズプログラム

【とぐり式 お宝の包み方を学ぼう】

小学生を対象に、木箱と風呂敷を使って美術品の包み方をレクチャーします。
ご参加の皆様に戸栗美術館特製風呂敷をプレゼント。
(参加費一人500円、予約不要ですが保護者の方がご同伴ください)
イベントの詳細は当館ブログにてご覧いただけます。▶とぐりのぶろぐ

2017年8月11日(金・祝)~13日(日) 毎日午後2時~午後3時
なお、8月1日(火)~31日(木)の間、小中学生は入館料無料でございます。