展示解説・イベント

展示解説

 戸栗美術館では各展覧会期間中、毎月第2週・第4週の水曜日と土曜日に、当館学芸員による展示解説を行なっています。ご予約は不要です。入館券をお求めの上、ご自由にご参加ください。

・毎月第2週・第4週水曜日 午後2時~
・毎月第2週・第4週土曜日 午前11時~

●団体様への解説も承っております。
お電話(03-3465-0070)にてお問い合わせください。


やきもの展示解説 入門編

「見どころがわからない」「専門用語が難しそう」と、敷居が高いと感じる方も多い陶磁器の世界。陶片に触れながら陶器と磁器の違いや伊万里焼の歴史などを学んだ後、開催中の展覧会をご案内いたします。初心者の方もお楽しみいただける入門編の解説です。入館券をお求めの上、お気軽にご参加ください。(ご予約は不要です。)

◇期間中ご来館頂いた方には、当館特製リーフレットをプレゼント致します。

【開催時期】
ゴールデンウィーク期間中
夏休み期間中
(いずれも開館日に実施)



フリートークデー

毎月第4月曜日を、館内でのお話しをご自由にお楽しみいただけるフリートークデーとして開館いたします。
通常開館日と同じく、どなたでもご来館いただけます。
当日は14時より学芸員によるミニパネルレクチャーも開催いたします。
1階ラウンジにて学芸員とお話ししながら、やきものの世界をお楽しみ下さい。
(所要時間約30分・予約不要。ご入館券をお求めの上ご参加ください)



とぐりの学芸員講座

よりやきもの鑑賞を楽しむためのポイントを当館学芸員がご紹介する講座です。
各回90分程度、参加費500円(入館券を別途お求めください)。
先着30名様、要事前予約。

第1回:6月19日(月) 14時~ 森由美(当館学芸顧問) 「陶器と磁器 初期の水指が語ること」
第2回:7月 3日(月) 14時~ 小西麻美(当館学芸員)  「館蔵品にみる朝鮮陶磁入門」

応募方法:往復はがきに住所、氏名、電話番号、希望日時を明記の上、お申込みください。
応募多数の場合は抽選、当選者にはご連絡いたします
第1回・第2回 お申し込み締切:5月14日必着
当選通知:5月末

とぐりの学芸員講座を開催いたしました。(2017/6/19)


2017年6月19日(月)、「とぐりの学芸員講座」を実施いたしました。

○講演「陶器と磁器 初期の水指が語ること」(14:00~15:30)
開館4年目から5年間常勤学芸員を勤め、現在は当館学芸顧問である森由美が、陶器と磁器の定義付けの難しさについてお話しさせていただきました。

まずは土器、炻器、陶器、磁器という日本のやきものの流れを、写真も交えながら簡単にご紹介いたしました。その流れの中で最後に登場する磁器は、佐賀・有田で誕生。伊万里焼と呼ばれたこれらの磁器は、当初は陶器である唐津焼と同じ窯で焼かれていたことがわかっています。唐津と伊万里、ふたつのやきものの違いを、原料や絵付けの色(唐津は茶色の鉄絵、伊万里は青い染付)などからご説明いたしました。

その上で、「染付 山水文 水指」(『17世紀の古伊万里―逸品再発見Ⅰ―展』出展作品)が陶器であるのか磁器であるのか、に話題が移ります。本作は開館当初からのコレクションであり、森にとっても思い入れのある作品の一つ。胎土は陶器質の粘土で、その上に白化粧、染付によって丁寧に絵付けを施し、釉薬を掛け焼成しています。つまり胎土による分類では陶器ですが、見た目や作った人の意図としては磁器と言え、当館では「伊万里焼」として分類していることを解説いたしました。またこのような作例が生まれた背景として、各窯における原料確保の問題、陶器質の胎土であるからこそ生まれる独特の風合いについて触れました。

質疑応答では、磁器の原料が採れる泉山や、有田と美濃の磁器生産体制の違い、古染付についてなど、様々な質問が飛び交いました。また最後には参加者の皆様同士で感想をお話しいただく時間もございました。 講演終了後も単体ケースに入った作品を取り囲みながら、お互いに感想をお話ししあったり、新たな疑問を投げかけあったりと、皆様いきいきとしたご様子でご鑑賞されていらっしゃいました。

参加者の皆様からは「磁器と陶器の違いなどわかりやすく、大変勉強になりました」「お隣の人と話し合うことをすすめて頂いたのが非常によかった」というご意見をいただきました。 今回の講演で作品はもちろん、やきものへの関心が少しでも深まりましたら、嬉しく思います。



○自由観覧 (15:40~17:00)
貸し切りの館内で現在開催中の『17世紀の古伊万里―逸品再発見Ⅰ―展』を自由にご覧いただきました。

次回のとぐりの学芸員講座は、7月3日に開催いたします。まだお席に若干の余裕がございますので、ご希望の方はお早目にお申込みください。皆様のご応募をお待ち申し上げております。


夏休み!キッズプログラム

【とぐり式 お宝の包み方を学ぼう】

小学生を対象に、木箱と風呂敷を使って美術品の包み方をレクチャーします。
ご参加の皆様に戸栗美術館特製風呂敷をプレゼント。
(参加費一人500円、予約不要ですが保護者の方がご同伴ください)

2017年8月11日(金・祝)~13日(日) 毎日午後2時~午後3時