主な収蔵品
主な収蔵品
主な収蔵品 当館の主な収蔵品は、東洋陶磁器です。
東洋陶磁器は、日本、中国、朝鮮、などで生産された陶磁器の総称で、日本磁器の内、江戸時代のはじめに肥前国(現在の佐賀、長崎県)で生まれた磁器を肥前磁器と呼びます。
※収蔵品点数約7000点(古陶磁器、古書画など) 平成20年11月現在


1. 肥前磁器

伊万里焼
伊万里焼とは、1610年代に現在の佐賀県・有田町で生まれた日本初の磁器です。有田皿山でつくられたうつわは伊万里港を介して国内外に運ばれていったことから、「伊万里焼」と称されています。

伊万里焼の中でも草創期にあたる17世紀の前期につくられた作品群は「初期伊万里」と称されています。装飾技法は染付や青磁、銹釉、瑠璃(るり)釉などが中心です。器形は皿や碗、瓶などの日常の器皿だけでなく、水指などの茶道具も見られます。素地や釉の精製が不十分なため青味がかった白磁胎や、焼成時に歪みが生じるなど、技術的に未熟な点が見られますが、力強い筆致で自由奔放に文様が描かれたうつわは、素朴なあたたか味を呈しています。

初期伊万里 染付 楼閣山水文 鉢
初期伊万里 -17世紀前半-
染付 楼閣山水文 鉢
江戸時代(17世紀前半)
高:11.2cm 口径:35.0cm 高台径:10.6cm

側面をゆるやかに立ち上がらせ、口縁を鐔縁につくる大皿で、高台は小さく口径の三分の一にも満たない。見込みを二重圏線で区切って外区と内区に分け、うちに繊細な筆遣いで樓閣山水を描き、外側に花文を配している。上釉は青味を帯び、また全体が細い貫入で覆われるが、それがかえって画面に奥行きを与えている。裏は無文。百間窯の作と考えられる。

古九谷様式(こくたに)

―17世紀中葉―

 誕生から半世紀も経たないうちに、染付だけでなく、赤、緑、黄色などの上絵付けによる色彩豊かな磁器が登場します。この17世紀中葉頃につくられた初期の色絵を「古九谷様式」と称しています。細かい幾何学文で器面を埋め尽くす「祥瑞(しょんずい)手」や花鳥文や人物文が風流な「五彩手」、また黄と緑で大皿を塗りつぶした「青手」など、濃厚な色彩は躍動感を生み出し、迫力が感じられます。

色絵 葡萄鳥文 輪花皿 伊万里(古九谷様式)
色絵 葡萄鳥文 輪花皿 伊万里(古九谷様式)
江戸時代(17世紀中葉)
高:6.1cm 口径:34.5cm 高台径:20.1cm

全体を十九に区画し、折り返した口縁に縁紅を施した輪花形の皿。群青で縁取られた見込み内に、葡萄を啄む鳥文を描き、周囲の緑釉で塗り込められた幾何学文地に菊花と鳳凰文を配す。形・色彩・文様とも伊万里・古九谷様式を示す優品。裏面は八個の牡丹花文を唐草で繋ぎ、高台は雷文、高台内二重圏線内にこの種の作に共通の篆書銘を残す。いずれも染付。

柿右衛門様式(かきえもん)

―17世紀末―

 17世紀後半頃より伊万里焼の輸出が盛んに行われるようになりましたが、この頃の輸出伊万里の典型的な作風が「柿右衛門様式」です。「濁し手」と呼ばれる乳白色の素地の上に施された赤は朱色に近く、明るい色彩の上絵付けが特徴です。また余白を広く取って描かれた花鳥文や山水人物文は絵画的な構図で描かれています。鉢や壺、また人物像などの造形物もつくられました。

色絵 花鳥文 輪花皿 伊万里(柿右衛門様式)
色絵 花鳥文 輪花皿 伊万里(柿右衛門様式)
江戸時代(17世紀後半)
高:3.6cm 口径:22.0cm 高台径:14.5cm

輪花形の皿の内面全体を使って、二羽の鳥と松竹梅を描く。松竹梅は、もともと中国で「歳寒三友」という冬の寒さに耐える植物としての理想像であったが日本において慶祝を表す意味に転化した文様である。濁し手と呼ばれる白磁を背景に、上絵の赤・青・緑・黄色が上品に映えている。

金襴手様式(きんらんで)

―17世紀末~18世紀初―

 17世紀後半は中国では明朝から清朝に以降する動乱期にあり、陶磁器も減産傾向にありました。このことによってオランダの貿易会社・東インド会社は、中国に代わる陶磁器生産地として日本の有田町に着目しました。こうして伊万里焼は盛んにつくられるようになり、1690年代になると柿右衛門様式に変わって、染付と色絵、さらに金彩が施された「金襴手」が登場します。それらは主に国内向けと西欧向けのものに大別されます。鮮やかな地文で埋め尽くし、金彩をふんだんに用いたうつわは華麗で重厚な存在感を呈しています。

色絵 獅子牡丹菊梅文 蓋付壷 伊万里
色絵 獅子牡丹菊梅文 蓋付壷 伊万里
江戸時代(17世紀末)
通高:74.6cm 口径:20.8cm 底径:20.8cm

ふくよかな胴張りに高めの頸を付け、帽子の様に鐔をつけた大きな蓋を載せる「沈香壺」と呼ばれる大壺。一見多彩にみえる装飾だが、染付と赤絵に金彩中心であらわされ、西欧で“オールド・ジャパン”と呼ばれる輸出品。一般に過剰な文様のものが多いなかで、この壺は肩の菊花弁や胴部のパネル構成などに文様の抑制があり、細部の丁寧な筆遣いと相俟って端正な仕上がりとなっている。西欧をはじめ、西アジア、東南アジアなど広く遺例はあるが、これは保存状態が良い。

鍋島焼

 江戸時代初期、日本で唯一の磁器生産地を持っていた鍋島藩が、現在の佐賀県・有田町の優秀な陶工を集めて大川内山(おおかわちやま)でつくらせた磁器です。国内外に流通した伊万里焼とは異なり、鍋島焼は将軍や幕府高官などへの献上品や贈答品という特別な目的の為に、最高の技術と厳選された材料で作られました。五寸・七寸・尺と規格の定まった木盃形(もくはいがた)の皿には、染付・赤・黄・緑の上絵具で精緻な文様が描かれています。

色絵 壽字宝尽文 八角皿 鍋島
色絵 壽字宝尽文 八角皿 鍋島
江戸時代(17世紀末~18世紀初)
高:5.6cm 口径:20.8cm 高台径:10.6cm

見込み中心に意匠化された「壽」字を配し、その周囲を宝珠で囲み、さらに外側をびんざさらや打出の小槌、隠れ蓑や金嚢など宝尽文で埋め尽くした八角皿。丁寧な描線と配慮の行き届いた色遣いが、慶祝の雰囲気をうまく伝えている。裏文様は八面にそれぞれ牡丹の切枝花、高台には櫛目文。いずれも端正な筆致の染付で描かれている。



2. 中国陶磁

時代を通じて常に陶磁器生産の主流をなしていた中国陶磁器は、伊万里焼にとっても憧れの対象でした。当館は、新石器時代の土器や陶器から清時代(1644~1911)の磁器まで各時代の優品を保存しており、時代を通観できる内容となっております。

 中国では紀元前5000年頃には既に土器が作られ始めていました。さらに、その用途によって形や色彩を豊かに広げていきました。漢時代になると貴族の厚葬願望の高まりによって色鮮やかなやきものがつくられ、それは唐時代の三彩まで続きました。唐時代には貿易も活発に行われ、さまざまな国が交流を深めた時代であることから、この頃のやきものは異国的な器形や色彩が特徴的です。

中国陶磁 三彩 馬
三彩 馬
唐時代(8世紀)
高:67.3cm 長:76.3cm

生き生きとした造形の馬。馬体には白泥を置いて白斑を表し、手綱を緑釉、手綱の装飾を黄釉、鞍を褐釉で色づけている。鞍の上に目跡が残っているが、これはもともと騎馬人物像が乗っていたものと考えられる。また焼成時に均一に火を通すため、腹部には穴が空いている。生前の生活を地下に再現する如く、貴紳の墳墓を華麗に飾った唐三彩の代表的作例。

宋時代

―960~1279―

 宋時代は経済が発展すると同時に、文化水準も非常に高まった時代でした。やきものもまた五代名窯と呼ばれる汝窯・鈞窯・定窯・官窯・哥窯をはじめとする多くの窯が技術と生産力を向上させて、台頭しました。唐代の三彩に代表されるような色とりどりの華やかな美しさとは異なる、洗練された器形や釉薬の美しさを追求し、深い精神性を湛えた美意識を持つやきものは、日本の文人たちにも好まれ、「宋磁」として高い評価を受けています。

澱青釉 瓶 鈞窯
澱青釉 瓶  鈞窯 
北宋時代(12世紀)
高:31.4cm 口径:5.0cm 高台径:7.0cm

宋代の五大名窯の一つである鈞窯は、澱青釉(=月白釉)と呼ばれる青味がかった失透性の釉薬が特徴である。その不思議な色合いが、この瓶に気品と存在感を与えている。丸みのある胴からすんなりと伸びた首が先に向かって広がり、調和の取れた端正な形に仕上がっている。

元時代

―1271~1368―

 日本では染付と呼ばれる青花磁器が中国江西省の景徳鎮窯で生産され始めたのは、この元時代です。コバルトで文様を描き、その上に釉を掛けて焼くという青花技法が元時代に発展・定着したことは、後の明・清時代の製磁業を方向づける大きなターニングポイントとなり、景徳鎮窯は磁都としての地位を獲得します。元時代には、大きな盤や瓶などに青花で緻密な文様を濃厚なまでに描き込むという加飾的な大作が多く作られました。その堂々たる形と精緻な描写からは迫力と威風が感じられます。

青花 唐草文 稜花盤 景徳鎮窯
青花 唐草文 稜花盤  景徳鎮窯
元時代(14世紀)
高8.5㎝ 口径46.3㎝ 高台径24.7㎝

文様の地となる部分にコバルトを塗りつめて白抜きの文様をあらわした、いわゆる逆青花と呼ばれる技法で、見込中央には八宝文を描き、その周囲を2列の花唐草文で囲い、口縁には白地に青花で波濤文を巡らせている。やや釉調の異なるコバルトで吹墨風の斑文が散っているのも特徴的である。花唐草文の外部にあらわされた白抜きの如意頭繋ぎ文様がアクセントとなり、画面を引き締めている。

明時代

―1368~1644―

 明時代には、宮廷用の陶磁器を焼造する御器廠(ぎょきしょう)という官窯が景徳鎮窯に設置され、中国窯業の中心地としての地位は不動のものとなります。元時代に発展・定着した青花技法はより洗練されます。また嘉靖年間(1522~66)には日本では色絵と称する五彩磁器も盛んに焼造されました。さらに官窯のみならず、力をつけた民窯でも「古赤絵」や「金襴手」など盛んに色鮮やかな磁器が生み出され、当時日本にも輸出されました。

五彩 魚藻文 壺景徳鎮窯
五彩 魚藻文 壺  景徳鎮窯
明時代・嘉靖年間(1522-66)
高:24.0 口径15.5cm 高台径:12.9cm

口縁に蔓唐草文、肩にラマ式蓮弁文、胴裾に如意頭繋文の文様帯を配し、胴に蓮花をはじめとする水生植物を背景に4尾の魚文を描いている。魚体はオレンジ色を呈するが、これは黄色を下地として上に赤色を加えたものである。嘉靖期の魚藻文の壺では胴の丸味が強い大型の例が知られているが、こちらは肩の張った細身の例。底裏には青花で「大明嘉靖年製」と記す。

清時代

―1662~1911―

 明時代末期から清時代初期にかけて、輸出用の陶磁器として「芙蓉手」や「呉須手」、「古染付」などの新しい様式のやきものが登場します。清時代になると高雅な雰囲気を持つ「粉彩(ふんさい)」技法が生み出され、また明時代成化年間に隆盛した「闘彩(とうさい、豆彩とも書く)」技法は雍正年間に一段と洗練されました。他にも桃花紅や茶葉末釉など新たな釉色を考案し、様々な技法を駆使し、緻密さを極めた清代の陶磁器は「完全技巧美」と称されており、清朝独特の様式美を呈しています。

粉彩 人物文 皿景徳鎮窯
粉彩 人物文 皿  景徳鎮窯
清時代・雍正年間(1723-35)
高:4.4cm 口径:20.8cm 高台径:13.1cm

清時代になり粉彩の技法が開発されたことにより、陶磁器の加飾技法は頂点を極めるにいたった。粉彩は、不透明な絵の具が特徴的で、色を重ねることが可能となり、絵画の色遣い、筆致をそのまま陶磁器に写しとることができるようになった。この作品は、粉彩の作品の中でも類例の少ない、西洋の男女を描いた文様。外壁は全体的に濃いピンク色の釉が施され、欧米では「ruby-back」と呼ばれている。底裏には青花二重円圏内に楷書銘の「大清雍正年製」を記す。



3. 朝鮮陶磁

戦国時代、豊臣秀吉による朝鮮出兵(1592~1598)の際に、鍋島藩主の鍋島直茂が朝鮮人の陶工・李参平と共に帰国し、有田町で磁器作りに成功したことが日本磁器の始まりともいわれています。

高麗時代 ―918~1392―

 朝鮮陶磁を代表する高麗青磁は、中国の越州窯青磁の影響を受けて10世紀頃に誕生しました。12世紀には全盛期を迎え、陽刻や印花のほか、鉄絵、白泥を絵筆で塗る白堆(はくつい)、酸化銅を顔料とした赤い発色をする辰砂(しんしゃ)など多岐に渡る技法が用いられています。特に青磁象嵌(ぞうがん)は高麗青磁特有の技法ということができ、優美さと愛らしさを兼ね備えた独自の作風を確立します。

青磁象嵌 盒子
青磁象嵌 盒子
高麗時代(12-13世紀)
通高:3.5cm 径:9.0cm 底径:4.8cm

蓋面に型押しの印花菊花文、外周に蓮弁文、蓋と身の側面には雷文を白土と黒土による象嵌で表しており、いずれの文様も高麗青磁に多用される典型的な文様である。文様を彫ったり型押しで窪めたりした素地の上に白土や黒土を嵌め込み、表面をととのえた後、青磁釉を掛けて焼成した青磁象嵌は、高麗青磁独特の技法ということができます。

朝鮮時代 ―1392~1910―

 500年に及ぶ朝鮮時代朝鮮時代の陶磁器は、粉青や白磁、青花(染付け)、黒釉などが焼成され、複雑な展開を見せます。その中で朝鮮時代前期を代表するやきものは、高麗青磁の技法を継承した粉青沙器です。粉青沙器は、民衆の息吹を感じさせるような軽妙で飄逸な作風に特徴があります。後に、粉青沙器の生産は衰えを見せはじめ、白磁が次第に主座をしめるようになります。白磁胎に青花や辰砂(しんしゃ)で文様を加えた作品は、画院出身の画家が絵筆を取 ったとされ、雅味を帯びた雰囲気を湛えています。

粉青沙器 魚文 俵壺
粉青沙器 魚文 俵壺
朝鮮時代(1392~1910)
高:19.5cm 長:23.9cm 高台径:12.9cm×6.9cm

粉青沙器は、日本では三島や刷毛目、粉引などと呼ばれている技法のやきものである。この作品は灰色の胎土の上に、白化粧土を施した上に鉄絵で文様が描かれている。軽妙、飄逸な文様が特徴的である。主文様の魚の姿は何とも言えないおかしみがあり、また蔓草文や高台に描かれた草文の伸びやかな描線が、軽妙で飄逸な雰囲気をかもし出し、いかにも民窯で焼かれた粉青沙器らしい。朝鮮半島では魚文は豊穣を寓意することから、あるいは祝祭用の酒器として用いられたのかもしれない。