アートサークル


アートサークルとは、戸栗美術館の年間会員制度です。会員の皆様に陶磁器鑑賞をより一層深めていただけますよう、様々な特典をご用意いたしております。

年会費 5,000円(税込) (発行から1年間有効)

アートサークルの特典

特典1.
入会から1年間、何度でもご入館いただけます。
特典2.
ご入会時にミュージアムショップオリジナル商品(A5クリアファイルorはがき5枚)をプレゼント。
特典3.
企画展ごとに会報「戸栗美術館だより」、入場招待券2枚、展示ご案内チラシを送付いたします。
特典4.
各展示ごとに陶磁器の専門家による特別展示解説にご参加いただけます。開催日時は会報でお知らせします(所要時間約1時間、要予約・各回定員20名・先着順)。
特典5.
アートサークル会員様を含む3名以上のグループを対象に学芸員による展示解説を随時賜っております。通常解説よりもアットホームな雰囲気で企画展や作品についてのご質問にもお答え致します。(最大60分程度。お時間の調整も賜ります。/要予約・先着順・受講料無料)
特典6.
各展示に1回月曜休館日に開催される会員限定の特別講座にご参加いただけます。開催日時は会報でお知らせします(参加費1500円~、所要時間約4時間、要予約・定員20名・先着順)
特典7.
ミュージアムグッズを価格の1割引きでご購入いただけます。(一部除外品あり。)
特典8.
年末に当館オリジナルカレンダーをお送りいたします。
特典9.
有効期限内のご更新は、4,500円です(期限を過ぎてのご更新は新規ご入会と同じく5,000円となります)。


ご注意ください
 ※ご入館およびお買い物の際にアートサークル会員証を受付にご提示ください。
  会員証のご利用はご署名されたご本人様に限ります。


■年末にお送りするカレンダー見本


2017年度 カレンダー表紙
2017年度 カレンダー12月
2017年度 カレンダー3・4月

■会報「戸栗美術だより」見本




内容


学生アートサークル

戸栗美術館では平成28年8月1日より、新たな会員制度「学生アートサークル」を開設いたしました。

◇学生アートサークルとは◇
東洋陶磁や美術館活動に関心をお持ちの学生の方々が、戸栗美術館により一層親しんでいただくための会員組織です。
1年間何回でもご入館いただける他、さまざまな特典もご用意しております。
年会費 2,500円(税込)(発行から1年間有効)

◇ご入会条件◇
加入する時点で18歳以上(当該年の4月から翌年3月までの間に18歳の誕生日を迎える方を含む)
40歳未満の方で、かつ、高等学校、大学(短期大学および大学院を含む)、高等専門学校または専修学校のいずれかに在籍していることを所属学校の発行した学生証にて証明できる方。
※ご入会時に学生証のご提示をお願いいたします。ご用意の上、ご来館ください。

◇会員特典◇
平成30年4月1日より学生アートサークルの特典内容が新しくなりました。
特典1.
入会から1年間、何度でもご入館いただけます。
特典2.
学生同伴者1名様の入館料が無料になります。
特典3.
毎月1回、夜間開館時に開催される学生会員向け講座にご参加いただけます。開催日時は会報でお知らせします。(所要時間約30分、予約不要)
特典4.
学生会員向け講座を実施する夜間開館時に限り、当館所蔵書籍を閲覧できます。
(書籍はすべて閉架、館外貸出・複写不可)
特典5.
各展示に1回、月曜休館日に開催される「アートサークル」向けの特別講座に2名様限定の「学生アートサークル」 参加枠をご用意いたします。
開催日時は会報でお知らせします。(参加費1500円~、所要時間約3時間半、要予約・先着順)
特典6.
各展示に3回開催される、陶磁器の専門家による特別展示解説にご参加いただけます。
開催日時は会報でお知らせします。(所要時間約1時間、要予約・定員制・先着順)
特典7.
企画展ごとに会報「戸栗美術館だより」、展示ご案内チラシをお届けいたします。
特典8.
東洋陶磁に関して、メールにて質問を受付いたします。当館学芸員が回答をご返信いたします。


月曜講座

アートサークル特典:月曜日・楽しいやきもの講座を開催いたしました。(2019/02/18)


2019年2月18日(月)、アートサークル会員様向けの特別企画「月曜日・楽しいやきもの講座」を実施いたしました。

○望月優氏による作品紹介、花濃(はなだみ)体験(14:05~16:00)
 当館1階やきもの展示室にて第4回目となる個展を開催中の望月優氏を特別講師にお招きし、作品紹介と花濃の体験を行いました。
 まずは、今展の作品紹介から。これまで、カケラシリーズや白磁を中心に制作されてきた望月氏ですが、今回はそれらに加えて、「沢山の色を使ったインパクトのある作品を作りたかった」という言葉どおりオブジェ風の作品や具濃(ぐだみ/上絵付け)を施した色絵作品を多数出展されています。その中から全面に具濃した花瓶について、細い口に指一本を入れ、外面に触れないよう、少しずつ回転させながら絵付けをしたとのお話があると、お客様からは驚きの声があがっていました。また、上絵付けの場合は焼成回数も多く、手塩に掛けて制作されたご様子が窺えるお話には、皆様深く聞き入っておられました。
 望月氏による紹介後は、実際に作品を手に取りながらの質疑応答の時間に。上絵具を塗る順番や360°の器面にバランス良く絵付けをするコツ、使っている筆の種類など、活発に質問が飛び交いました。今後の制作の方向性に関する質問に対しては、綺麗さの中にも人の手仕事が見えるうつわや、暮らしのうつわの中で遊びや粋を表現していきたいというお答えで、皆様の注目が一層高まったご様子でした。
 その後、休憩を挟み、後半はいよいよ体験へ。絵具を擦るところから、間近で実演が見られる貴重な機会となりました。そして、望月氏より濃赤や薄赤を均一に塗る基本の塗り方から、グラデーションをあらわす花濃の技法をレクチャー。筆の角度を変えることで、絵具の量を調節するのがポイントといいます。しかし、実際に筆を手に塗ってみると、輪郭線からはみ出してしまったり、かすれてしまったりと難しく、皆様集中して黙々と制作に取り組んでいらっしゃいました。
 今回上絵付けを行った小皿と猪口は、望月氏によってあらかじめ梅と鶯が線描きされていたため、はじめは皆様同じデザインからのスタート。しかし、梅の花や鶯の配色、余白に描き足す文様などを考えながら、濃赤や薄赤、花濃を駆使して塗っていくことで、思い思いの作品に仕上げられていました。うつわは後日、望月氏によって焼き付けを行います。
 参加された方からは「望月先生の説明が分かりやすく楽しかった」「花濃の技法だけでなく色の作り方も知ることができて興味深かった」「初めての体験でしたが、とても楽しかったです。筆遣いがいかに難しいかよく分かりました」などのお声をいただきました。



○自由閲覧(16:00~17:00)
貸し切りの館内で現在開催中の『初期伊万里―大陸への憧憬―展』をご覧いただきました。また、企画展担当学芸員が展示室に常在し、皆様からのご質問にお答えしました。

月曜日・楽しいやきもの講座は、各展示につき1回開催しております。
次回もどうぞお楽しみに。



バックナンバー