アートサークル


アートサークルとは、戸栗美術館の年間会員制度です。会員の皆様に陶磁器鑑賞をより一層深めていただけますよう、様々な特典をご用意いたしております。

年会費 5,000円(税込) (発行から1年間有効)

アートサークルの特典

特典1.
入会から1年間、何度でもご入館いただけます。
特典2.
ご入会時にミュージアムショップオリジナル商品(A5クリアファイルorはがき5枚)をプレゼント。
特典3.
企画展ごとに会報「戸栗美術館だより」、入場招待券2枚、展示ご案内チラシを送付いたします。
特典4.
各展示ごとに陶磁器の専門家による特別展示解説にご参加いただけます。開催日時は会報でお知らせします(所要時間約1時間、要予約・各回定員20名・先着順)。
特典5.
アートサークル会員様を含む3名以上のグループを対象に学芸員による展示解説を随時賜っております。通常解説よりもアットホームな雰囲気で企画展や作品についてのご質問にもお答え致します。(最大60分程度。お時間の調整も賜ります。/要予約・先着順・受講料無料)
特典6.
各展示に1回月曜休館日に開催される会員限定の特別講座にご参加いただけます。開催日時は会報でお知らせします(参加費1500円~、所要時間約4時間、要予約・定員20名・先着順)
特典7.
ミュージアムグッズを価格の1割引きでご購入いただけます。(一部除外品あり。)
特典8.
年末に当館オリジナルカレンダーをお送りいたします。
特典9.
有効期限内のご更新は、4,500円です(期限を過ぎてのご更新は新規ご入会と同じく5,000円となります)。


ご注意ください
 ※ご入館およびお買い物の際にアートサークル会員証を受付にご提示ください。
  会員証のご利用はご署名されたご本人様に限ります。


■年末にお送りするカレンダー見本


2017年度 カレンダー表紙
2017年度 カレンダー12月
2017年度 カレンダー3・4月

■会報「戸栗美術だより」見本




内容


学生アートサークル

戸栗美術館では平成28年8月1日より、新たな会員制度「学生アートサークル」を開設いたしました。

◇学生アートサークルとは◇
東洋陶磁や美術館活動に関心をお持ちの学生の方々が、戸栗美術館により一層親しんでいただくための会員組織です。
1年間何回でもご入館いただける他、さまざまな特典もご用意しております。
年会費 2,000円(税込)(発行から1年間有効)

◇ご入会条件◇
加入する時点で18歳以上(当該年の4月から翌年3月までの間に18歳の誕生日を迎える方を含む)
40歳未満の方で、かつ、高等学校、大学(短期大学および大学院を含む)、高等専門学校または専修学校のいずれかに在籍していることを所属学校の発行した学生証にて証明できる方。
※ご入会時に学生証のご提示をお願いいたします。ご用意の上、ご来館ください。

◇会員特典◇
特典1.
入会から1年間、何度でもご入館いただけます。
特典2.
同伴者1名様(学生に限る)の入館料が無料になります。
特典3.
東洋陶磁等に関して、メールにてご質問を承ります。当館学芸員よりご返信いたします。
特典4.
新規入会時に当館発行の対象図録(『伊万里唐草』『染付の美』『初期伊万里-蔵品選集-』『酒器・柿右衛門』『西暦2000年記念図録』)の中からお好きな一冊を、更新時は開催中の企画展のパネル資料集を進呈いたします
特典5.
各展示に1回、月曜休館日に開催される特別講座(専門家による講演会やワークショップなど)にご参加いただけます。開催日時は会報にてお知らせいたします(参加費別途/所要時間約2時間/要予約/先着順)。
特典6.
各展示中に月1回開催される、陶磁研究家 森由美氏による特別展示解説にご参加いただけます。開催日時は会報にてお知らせいたします(所要時間約70分/要予約/先着順)。
特典7.
各展示ごとに会報「戸栗美術館だより」、展示ご案内チラシをお届けいたします。


月曜講座

アートサークル特典:月曜日・楽しいやきもの講座を開催いたしました。(2019/7/9)


2019年7月8日(月)、アートサークル会員様向けの特別企画「月曜日・楽しいやきもの講座」の公開版として、『青のある暮らし』特別講演会を実施いたしました。

○赤木美智氏による講演「江戸の暮らし―季節を楽しむファッションとグルメ―」(14:05~15:50) 太田記念美術館 主幹学芸員の赤木美智氏を特別講師にお招きし、「江戸の暮らし―季節を楽しむファッションとグルメ―」と題した講演会を開催しました。戸栗美術館・太田記念美術館にて開催中の連携企画展『青のある暮らし』の担当学芸員であられる赤木氏は江戸の浮世絵史、風俗史を中心にご研究されており、これまでに『大江戸ファッション事始め』や『国芳ヒーローズ~水滸伝豪傑勢揃』など、話題の展覧会を手がけていらっしゃいます。

まずは太田記念美術館のご紹介からはじまり、浮世絵の基本事項をレクチャーしていただきました。その後、今回の連携企画展のポイントである「青」の変遷についてお話しいただき、四季に見るファッションとグルメへ話題が移ります。1月から12月まで、豊富な画像資料と共に、服装、髪型、持ち物、食事の場面に登場するうつわや、そこに載せられた食べ物など、様々な要素を抽出しながら、浮世絵に描かれた年中行事を紐解いていきました。

休憩を挟み、後半は八百善などの江戸の食事処の様子や、花魁のファッションの話題へ。さらに、江戸時代に藍染が流行したことで、浮世絵にも青が多く登場することから、藍染についてのお話もあり、実際に赤木氏が染めたTシャツもご披露いただきました。


江戸の暮らしをご紹介いただくなかで、浮世絵の魅力をたっぷりお話しいただいた90分となりました。お客様からは「普段みているやきものがどう使われていたのか、浮世絵でみることができてイメージが膨らみました」、「江戸の庶民が、季節の行事やファッション、食べ物を楽しんで暮らしている様子が浮世絵から伝わってきました」、「浮世絵の見方をいろいろ知ることができて楽しかった」などのお声をお寄せいただきました。



○自由観覧 (15:50~17:00)
貸し切りの館内で現在開催中の『青のある暮らし―江戸を染める伊万里焼―』をご覧いただきました。また、企画展担当学芸員が展示室に常在し、皆様からのご質問にお答えしました。

月曜日・楽しいやきもの講座は、各展示につき1回開催しております。次回もどうぞお楽しみに。



バックナンバー